記事を読む

カテゴリー

2018/06/16 山口県の旅(part2)

はるばる山口県へ来たのですからちょっと観光をしましょうと
翌日の早朝、イトケンさん、市川P、渡邉女史、山口県観光連盟の村田さんと
車に乗り込みまして山口県ぐるっと巡りに出発しました。

null
錦帯橋。
アーチが美しい国内屈指の木造橋。風情があります。
渡った先のアイスクリーム屋さんでソフトクリームを食べました。

nullnull
萩の松下村塾。
大河ドラマを視聴していたので萌えました。

null
夏ミカンが特産品だそうで、フルーツグラッセと夏ミカンゼリーと
地サイダー、日本酒(雁木を試飲。辛口ですっきりした味わい。
獺祭はフルーティーでこちらをゲット)をお土産に(^^

null
仙崎付近で昼食。海の幸。ウニもいただきました。
こちらのウニは身がちょっとこぶりなのだそうです。
美味♪

null
元乃隅稲成神社。絶景です!
山口県を訪れるならば、はずせない場所とか。
仙崎では海が凪いでいたのですが、こちらに来たら風がつよく雲がわき
ドラマティックなお天気!
ロケーションもドラマティック!
この臨場感は訪れてみないと!

null
さらにドラマティックにうねる地形の地面をひょいひょい歩く渡邉女史。

null
日本海の荒波が吹き上がる。竜宮の潮吹き。はしゃぐ市川P。


null
国定公園、秋吉台秋芳洞の入り口。
とても涼しい風がお出迎え。
ファンタジー世界の舞台を連想させてくれます。
こちらを入ると、とても大きな鍾乳洞となっています。
百枚皿や黄金柱…神秘的な景観。個人での観光でも
要所要所に音声ガイドが設置されていて説明が聞けますよ。
奥のエレベーターで上に登ると日本最大級のカルスト台地。

null
夕暮れの秋吉台。雄大な風景。
人物が入ると風景の臨場感がより映えるのでイトケンさんも写っていただきました。
これらの石灰岩が地中で一つになっているのだそうです。
気が遠くなるほどの長い時間が作り上げた
大自然の神秘。
自分たちが生きている地球って不思議!
と、あらためて感じた時間でした(^^

null
琴崎八幡宮。
友人オススメのパワースポットでコースに組み込んでいただきました。
とても静かで心落ち着く場所。
おみくじをひいているひとがいて(あえて誰なのかは伏せておきます(笑))
それにワイワイと皆でコメントしたりして
学生時代の修学旅行みたいで楽しかった。
授与していただけるお守りの種類の数が日本一なのだそう。(^^

この後、山口宇部空港へ送っていただき、村田さんと運転手さんとお別れ。
走行距離250?300キロ。
空港内で美味しくてお腹に優しいおうどんの夕食をとってから
また、お土産を買い
音楽出版部の白石さんと合流、スターフライヤーで羽田空港へ。
スターフライヤー。機体も機内もお洒落で座席も広いかんじで快適でした!

山口県の皆さん、スクウェア・エニックスの皆さん
ありがとうございました!
投稿者: 小林智美 カテゴリー: 旅行

2018/06/07 山口県の旅

早起きして、家人の朝食の準備をし、羽田空港へ。


<やまぐち幕末ISHIN祭 特別企画>
シンフォニア岩国×SQUARE ENIX Presents
サガプレミアムコンサート2018

null
展示会場に入場すると、ファイアブリンガーがお出迎えしてくれました。
アイスソードで対峙やご挨拶ができます(^^
思わず握ってしまいました(笑)
剣中央部分の色が変化します。
剣を少し浮かすと、地ずりの構え…って言うのかな?
閃きカチューシャがとてもよくできていて
これかぶったら勉強やお仕事はかどったりするかもしれませんね!(笑)

null
渋谷さんのドット絵さん。

null
画像におさめきれなかったのですが、「リバース?閃」のイラストも
展示してくださいました。

null
懐石重。こちらのお寿司が名物だそうです。美味しかった!
ボリュームたっぷり!

null
昼食をいただいた「半月庵」さん。(昼食予約可)
宇野千代さんの著作等の舞台となったお料理屋さん。
いにしえのロマン香るところ。
宿泊施設もございます。オーベルジュ。錦帯橋の近くにあります。
和服姿のお嬢さんたちがお食事を愉しんでいました。
近所にお着物のレンタル屋さんがあるので、着用されて
街中をそぞろ歩きするのもステキ。


null
コンサートは本当に素晴らしいものでした!
以前にも演奏されていた好きな曲を再び拝聴することができて
嬉しかった!
オーケストラコンサートとまた違った魅力あふれるライヴでした。
しみじみ聴いちゃいました。
野々村彩乃さんのファッションが東京でお召しになっていたものと
変わり、SEXYな清々しいムード(^^
新曲に合せたデザインだったのでしょうか?
とてもステキでした!
お母さまのお手製だそうです♡
野々村さんに直接お会いできて良かった!
夕食はイトケンさんや出演者のみなさんや館長さん。
スクウェア・エニックスの河津さん、市川Pや
マネージャーの坂本さん。渡邉女史。担当の皆さんと。
いろいろととりとめのないお話をさせていただいたのですが
野々村さんのドレスのデザイン案を考えながら
お食事していました。(^^

続きます。
投稿者: 小林智美 カテゴリー: 旅行

2016/03/17 初春の京都旅行

1月に京都に行きました。
ホテルの綺麗なベッドで寝たかったので。
いつも利用させてもらってる、大好きな京都ブライトンホテルに泊まりました。
京都御所の近くです。
2月初旬にかけて毎週京都に行ってました。2泊3日で。
少し観光もしましたけれど。主にお部屋でベッドで寝ながらテレビを見ていました。
京都は横浜から楽に行けます。
新幹線ののぞみで新横浜から2駅目。
京都はいきあたりばったりの旅ができるのでいいですね。

3月12日から、東山花灯路が開催されるというので13日から2泊3日で
また出かけてきました。今度は友人と一緒でした。
京都ホテルオークラのHPを眺めていたら「東山花灯路見学」のプランがあったので
それで今回はオークラに宿泊。お隣は京都市役所。
今回はたくさん観光しましたよ。

null
北野天満宮の梅園。
遅咲きの紅い梅が綺麗でした。

20160317-2016031718350000.jpg
晴明神社。有名な陰陽師の安倍晴明が祀られている神社。
10年ぶりに訪れました。
この神社は人生相談きいてくれるんですよね。

20160317-2016031718230001.jpg
上賀茂神社。ちょっと北の方にあります。
雷の神様、賀茂別雷大伸が祀られています。
紋章は双葉葵。
八咫烏みくじ引いたら、大吉でした(^^

20160317-2016031718180000.jpg
本能寺。織田信長が最期をとげたお寺。
信長公廟があります。
本堂の中を見学できます。
ホテルオークラの斜め向かい。
ビルに囲まれてしまっていますが、寺町ショッピングアーケード側に門があります。
ここで御朱印帳を買いました。
信長公の紋入り。

寺町アーケードを南下して四条まで歩きました。
美味しそうな和菓子屋さんとか文具の鳩居堂があります。
四条の高島屋地下で京料理お弁当を買って
帰りはバスでホテルに戻りました。
京都市営バスは後ろから乗って前から下車。

20160317-2016031414560000.jpg
東山花灯路は神宮道から清水寺まで。
夜6?9時半まで行われています。
寺院の夜間特別拝観と通りのライトアップ。
生憎の雨模様でしたがとても良かったですよ。
神宮道までタクシーで送ってもらってトコトコ歩きます。
通りに置かれた灯りを辿ってゆくのです。
しかし9センチハイヒールで産寧坂を歩くもんじゃないです。
フォースに導かれるジェダイの騎士のような感じで清水寺にたどり着きました。
清水寺は中学の修学旅行以来で訪れました。
夜の清水の舞台は紅や青色のライトに照らされ幻想的。
3時間かけて歩いちゃいました。
先日まで寝込んでいたとは思えない…(笑)
高台寺を見学できたのが嬉しかった。
豊臣秀吉の正室、北政所おねさん(高台院)が晩年住んでいた寺院です。
おねさん大好き。
秀吉とおねさんの像があります。
庭園ではプロジェクションマッピングが見られます。
庭園はけっこう石段を登ります。
暗いので足元注意。
21日まで開催されています。

20160317-2016031316480001.jpg
寺町通りの「一保堂茶舗」でいっぷく。
お抹茶と和菓子をいただきました。
寺町通りはアンティークショップがぽつぽつありました。
デザイナーズホテルやおしゃれなレストラン。剥がれかけている塀の神社やお寺。
新旧取り混ぜた佇まいの通りで素敵です。
イタリア菓子屋さんでティラミスとレモンケーキを買いました。
ちりめんじゃこのお店で山椒と塩漬け桜入りのおじゃこもゲット。

投稿者: 小林智美 カテゴリー: 旅行

2016/03/12 ルーブル美術館

体調が少しづつ回復してきました。
皆さまにはご心配おかけしました。
4か月くらい、寝たきりで過ごしていましたが
容態が少しずつ回復してきたようなのでもそもそ起きだして絵を描き始めました。

20160312-2016031213250000.jpg
ルーブル美術館のヘルメスの彫刻ですね。手前にカドゥケウスの杖が。
とても美しいです。
あっちからもこっちからも、いろんな角度から写真撮っちゃいます。

20160312-2016031213270000.jpg
美術館の券売機。
英語表記があるので楽に買えます。
コインと20ユーロくらいまでのお札なら、この券売機で入場券を買えます。
100ユーロとかの大きな紙幣しか持ってない場合は
有人の入場券売り場じゃないと買えないと思います。
(何かフランス人はお店でもそうだけど、大きな額の紙幣を出すと
怪しく思われるところがあるんですよ。
偽札と思われてるのか、すごく調べる。
細かい紙幣を要求してきますし。)
宿泊していたジョルジュサンクから地下鉄1号線に乗って、PALAIS ROYAL
MUSEE DU LOUVREで下車。
進行方向ホームの後方にルーブル美術館に直接通じる(地下のカルーゼル・デュ・ルーブル)改札口があるので、地上に出ずに美術館に行けます。
雨の日など濡れずにすむし便利です。


「サガ・スカーレットグレイス」のお仕事は、発注されたキャラクターデザインが
一応終わりました。
はー、長かった。たくさん描いちゃった。
ので、イメージイラストの作画に入りました。
久しぶりに大きな画用紙に描くので、ワクワクしています^^。
投稿者: 小林智美 カテゴリー: 旅行

2015/09/12 パリ。ルーブル美術館の思い出(3)

フランス大作絵画を後にして次に向かうのは
お向かい建物、リシュリュー翼。

フランス彫刻の間。マルリーの中庭とピュジェの中庭。
フランス彫刻はとてもエレガント。
わたしは人物や動物の彫刻が大好き!

マルリーの馬がダイナミックでとてもかっこいい!
大理石などの白い彫刻の数々が涼しげです。

絵画の色の洪水の部屋からこちらに移動すると
白やブロンズ色が目に心地よいです。

美青年を主題にしたものはユニセックスぽく
壮年男性を主題にしたものは筋肉が美しい!

20150912-2015073116430000.jpg
ギリシア神話の神。アポロン。
「また来てくれたの。嬉しいよ。」と微笑んでくれているよう。(^^
左腕で支えているのは、たぶん竪琴。

20150912-2015073116440000.jpg
一目見て、「まあっ!」と感動。
美青年の戦士と美少年。
戦士は脇の下に折れた槍を受けながら、彼方を仰いでいます。
少年の腕をかき抱きながら…。

製作者はどんなストーリーを思い描きながら
彫刻したのか
妄想が広がります。

天井の高い空間で
ためつすがめつ
ゆきつもどりつ。

毎日通っておりました(^▽^


投稿者: 小林智美 カテゴリー: 旅行