記事を読む

カテゴリー

2017/05/17 The Coronation of Queen Elizabeth 供閉謬あり)

投稿者: 小林智美 カテゴリー: I love 
何年か前にアップしたと思います。
「クイーンエリザベス二世の戴冠式」のCDです。

null

15年くらい前にロンドン旅行でロンドン塔を訪れ、
ロンドン塔内のショップでゲットしたものです。
クイーンエリザベス二世の戴冠式で使用された…
歴史と表記されているので、もしかしたら代々の即位式のBGM集かもしれません。

HPの旅行の部屋でアップしてありますが、
いつも大勢の観光客でごった返していると聞いていたのに
朝イチで入場したためか、ロンドン塔最大の見どころジュエルハウスには
他の観光客が誰もおらず(武器や武具が展示されているホワイトタワーに
観光客の皆さんがたくさんおりました)
、私と友人の槻城ゆう子さんだけ。
何で誰もいないのーーー?!ってカンジで。
CDに収録されている「クラウン・インペリアル」が延々流れ、エリザベス女王の戴冠式の様子の映像がプロジェクターに映し出されている部屋にクラウンジュエリーが
展示されていました。
動く歩道で見学するしくみになっているため、立ち止まって
じいっと見ることができないようになっています。

が。
まさに観光客は私たち二人きりでしたので、
動く歩道で、足踏みしながら
大英帝国王冠や錫杖を見学してしまいましたーーー(^^;(てへ)
独り占め状態。
警備員の方に注意されることもなく。

世界最大のダイアモンド「アフリカの星」は
錫杖に飾られてているのだとずっと思っておりましたが
王冠に飾られているのですね。
一番大きいダイアモンドはここに保管されて、二番目に大きいものが
王冠に飾られている…そうです。
この王冠が代々の王様の頭上を飾っていたのね〜。
と、感動。
今、思い返すと、BBCテレビ制作「シャーロック」の
モリアーティになった気分でしたね。(王冠載せて錫杖抱えて王座に座って
警官まってまーーす)(ごめんなさい)(^∇^)

CDは全部で12曲収録されていて、1曲目が、「クラウン・インペリアル」。
ラストが「威風堂々」。
讃美歌とかもあり、厳かな空気を味わえるCDです。
ロンドンの街中で販売しているかどうかはわかりません。

ウォルトンークラウン・インペリアル(ロイヤルウエディング2011)

海上自衛隊東京音楽隊クラウン・インペリアル

エルガー 威風堂々


クラウン・インペリアルと威風堂々の動画がありました。
雰囲気を感じていただければと。
ひょっとしたら消えてしまうかもしれませんが貼っておきます。

結婚式の列席者の皆様のお洋服をまじまじ眺めてしまいます。(^^
キャサリン妃が纏っていらしたアレキサンダー・マックィーンのドレスが優雅でしたよね。
ひかえめなティアラがまた素敵で。♡
エリザベス女王はクリーム色ね。♡
ウィリアム王子とエジンバラ公礼服が赤くて
ヘンリー王子とチャールズ皇太子が黒色なのは、どういう意味があるのでしょうね…
とか、今になってそんなことを考えてしまうのでした(汗)

やっぱり、ウェストミンスター寺院は荘厳ですね♡

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
昨日、庭の植物の剪定をしました。
緑が萌える季節なので。

3月に造園業者さんに手入れしていただいて
その時、だいぶスッキリしたのですが、植物の生命力は凄い。
まだ蚊の発生率が少ない今がチャ〜ンス。
ノコギリでごしごし。ハサミでちょきちょき。
70リットル入るビニール袋、5つ分、葉と枝を処理いたしました。
蕗も生えているので鎌でザクザク。
大分風通し良くなりました。
もう少ししたら、梅の実の収穫です。

最近は、ふと気づくとハサミを持って庭にたたずんでおります。
シザーマンならぬシザーウーマンです(笑)
季節ごとに代わる代わる様々なお花が咲きます。
この季節はツツジですね。♡

下の美女と野獣のところにも、アドレス貼ってみました。
よろしければ観てみてね。
とても美しいのです。(^^